どんなに煩雑な業務であっても

会社における業務の中でも、給与計算は毎月行われる大切な業務の一つです。
しかし、現実には多くの時間が割かれると共に、お金に関わることだけに大変神経を使うデリケートな業務でもあります。


その上、合っていて当たり前、万が一間違いでもしたら、それだけで労働者との信頼関係が損なわれる危険もある・・・・。


また、時間外労働に対する割増賃金や、欠勤時における欠勤控除の計算も、その都度正確に行わなければなりません。
その計算根拠となるのが会社で定める賃金規程と雇用契約書になります。
事前に定められた賃金規程と雇用契約書に則り、給与計算は行われなければなりませんが、労働の多様化が進む現状において、時間外労働等の算定も難しくなってきています。


実際、多くの会社で、アウトソーシングしたい業務ではないでしょうか?

 

社会保険と労働保険の手続にも直結する

給与計算の結果は、社会保険の月額変更手続や年に1回行われる算定基礎届の作成にも影響します。
また、労災保険における平均賃金の算定根拠や雇用保険における失業等給付の基礎になり、労働保険にも大きな影響があります。


給与は労働者にとって、毎月の生活の糧となるのはもちろん、適切な保険関係の諸手続を行う上でも、正確な計算は重要になります。


当事務所では長年の実務経験に基づいた適切かつ迅速な給与計算をお約束いたします。