2006年に急性アルコール中毒で会社員の男性=当時(25)=が死亡したのは過労でうつ病などを発症したのが原因だとして、勤務先だったソフトウエア開発会社「フォーカスシステムズ」(東京)に遺族が1億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は3月7日、業務と死亡の因果関係を認め、約6,000万円の支払いを命じました。

遺族の代理人弁護士によると、「精神障害を原因とする急性アルコール中毒死で企業の法的責任を認めたのは初めてではないか」とのことです。

上田哲裁判長は「男性の精神障害は、配置転換や月100時間を超える時間外労働で増大した心理的負荷が原因」と認定しました。
その上で「過度の飲酒は、うつ病など精神障害による病的心理の下で起こった。会社は負荷を軽減せず、安全配慮義務を怠った」と判断しました。

判決によると、男性は03年4月にシステムエンジニアとして入社、06年7月に携帯電話のシステム開発を担当する部署に異動。
約2カ月後に突然、さいたま市の自宅を出て、そのまま向かった京都市の鴨川沿いでウイスキーなどを大量に飲酒し、急性アルコール中毒で死亡したとのことです。

なお、中央労働基準監督署は07年10月に男性を労災認定しています。